テレビのニュースで

「神戸空港で、魚がたくさん釣れています!!」

と流れていたので、

早速、行ってきました。


とは、いうものの

釣り道具が一切無く、

さらに、

小学生以来の釣りなので、釣りの知識も一切ありません。


生の魚をここ20年以上触ったこともないので、

ドキドキです。


一人で行くのも寂しいので、

連れをつれて行ってきました。

連れが、夜なら、空いてるということで、

夜釣りが決定したものの、

夜釣りなんか初めてで、

これも、またまたドキドキです。

準備に余念のない私は、早速ネットで必要なものを調べはじめました。


夜釣りに必要な服装

死ぬほど寒いので、とにかく温かい恰好



必要な道具

1.釣った魚を持って帰るクーラーボックス

釣具屋に発泡スチロールが売ってるので、それで代用できます。

買うと、家に帰って洗わないといけないので、

発泡スチロールの方が、連れにあげることもできて便利かもしれません。

2.糸を切ったりするはさみ

これは、結構使いました。

仕掛けが、結構からまったり、

下手くそなので、リールに糸が絡まったりで、

はさみがあって良かったです。

大きいはさみより、小さいはさみが重宝します。

後から、いろいろ調べると、

リールに、糸が絡まるのは、ピンと張った状態でリールをまかないといけないらしく、

糸が緩んだ状態でまくと、リールに糸が絡まるらしいです。

勉強になりました。

3.ウエットティッシュ

今回は、釣具屋のアドバイスで、ごかいをエサにして釣ったのですが、

触るのは、問題ないのですが、

くさいので、ごかいをつけるたびに

ウェットティッシュで手をふいていました。

必要です。

4.タオル、小さいタオル

これも、必要です。家で使わない布でも大丈夫です。

使い捨てにできるもので十分です。

何かと使えます。

5.ゴミ袋(大きい、小さい両方)

来た時よりも、綺麗にするのが、釣り人のマナーらしいので、

私も、できるだけ、ゴミを拾って帰りました。

何かとゴミがでてきます。

6.電燈(明り)

家にあったLEDの置き型電燈を持っていきました。

車のトランクの明りも重宝しましたが、

このあかりも、重宝しました。

夜釣りは電気が必要です。

電気がないと、何もみえません。

7.たばこ・ドリンク

魚が入れ食いではないので、

待ち時間が長いので、たばこが必要です。

何もしてないのに、結構のどが渇くので、

大きめのペットボトルが必要でしょう。



8.仕掛けいれ プラスチックケース

毎回、買うのが面倒な人は、購入しておくべきです。

100均で、頑丈な奴があったら、それで大丈夫です。

9.釣り用プライヤー

針外しの道具より、最近は、これを使うそうです。

私も、今回、結構つかいました。

おもりだけの仕掛けの場合、いつ釣れているのか分からないので、

巻き上げてみると、釣れていた!ということがありました。

ただ、食い込んでから、かなりの時間が経っているので、

のどの奥まで、針が入っているので、

針をはずすのに、結構な時間がかかりました。

魚が痛そうで、心が痛みました。

10.ナイフ

ナイフがなかったので、包丁持っていきました。

魚は、内臓から腐っていくらしいので、

内臓をとって、血抜きをして・・・みたいなことがネットに書いてあって、

神経をとって・・・

神経をとるのに、細い棒みたいなのがいるらしく、

何度も、youtubeで見たのですが、理解が難しく、

次回、行ったときの課題になりました。

11.フリーザーバッグ

釣った魚を最近は、フリーザバッグに入れて持ち帰る人も多いらしいです。

12.折り畳み椅子

地面座るのもつらいので、折り畳みの椅子を購入しました。

寒すぎて、車のトランクで待つ態勢になって、

結局使いませんでしたが、

車が横付けできない場合は、必要だと思いました。

他の人を見ると、結構頑丈な椅子を持ってる人が多かったです。


13.エサ箱

6時間くらいの釣りなら、あまりいらないかもしれないです。

ただ、生きたエビなど使う場合は、

酸素ポンプなどついたバケツを持っていくらしいです。

ポンプがついたバケツを買わないと、生きたエビをエサにできません。


14.水汲みバケツ

釣った魚を泳がせておくなら、

ひもがついたバケツが必要です。

今回は、氷に入れた発泡スチロールに、すぐ、閉じ込めたので

使いませんでした。

15.たまあみ

小さい魚ならいらないと釣り具屋に却下されました。

16.さおケース

車のトランクの他のものに、魚のにおいがつくのが嫌なので、

買いました。

おしゃれなのがないので、もし、おしゃれな竿ケースが欲しいなら、

ネットで買うのもいいかもしれません。

17.釣り竿・リール

一番安いので、リールと合わせて2500円くらいで買えました。

高いのが欲しいと店員に言ったのですが、

これで、大丈夫!と言われて、

本当かな!?と思いながら買いました。

結局、安いものでも、釣れたので、

小さい魚や、あんまり釣りにいかない人は、安いもので充分です。

18.軍手

隣で釣りをしてた人に聞くと、不用意に、魚を触ると、

毒がある魚もいるので、

軍手など手袋があった方がいいらしいです。

19.スプールバンド

最後、リールに糸を収納するとき、止める道具なんですが、

釣り具屋にいらないと却下されて

買いませんでした。

でも、糸が止まらないので、結局、車のトランクにあったテープでとめることになりました。

なぜ、いらないのか

今度、釣具屋に聞いてみようと思います。



■釣り成果■


神戸空港に行く予定だったのですが、

釣具屋いわく、

神戸空港は、車を横付けできないので、

兵庫埠頭の方が、釣れるし、いいですよ!

とのこと。

しかも、この時期の夜釣りは、あなごくらいしか釣れない!というので、

あなご釣りに決定。

初めてのあなご釣りにドキドキしました。

最後、リールに糸を止めておく スプールバンド いる?

と聞くと、

釣具屋いわく

いらない

というので、買わなかったです。

結局、最後糸をしまう方法が分からなくて、買っとけば良かったと思うのですが、

なんか違う方法があるのかもしれません。


で、

実際、どうなったかというと、

海に投げて30分後、

引き上げてみると、

小さいあなごが釣れていました。

にゅるにゅるで触るのも、嫌だったんですが、

頑張って触って、発泡スチロールの中にほりこみました。

それから、5時間くらいの間に、

あなご2

小さい鯛1

ブリ科の小さいの1

よく分からない小さい魚1

カワハギの小さいの1

計6が釣れました。

なかなか楽しかったです。

連れは、1匹目に飽きたらしく、車に閉じこもって、ずっとテレビを観たり、

スマホゲームをやってましたが、

私は、

リールに糸が絡まってほぐすのに苦労したり、

他の釣り人が残した仕掛けを引き上げたりしたので、それをほぐしたり、

ごかいを取り替えたりで、

結構バタバタの5時間でした。

意外に面白い5時間で、大満足です。

隣の釣り人は、大きい魚を狙ってるらしく、

5時間の間に一匹も釣れていなくて・・・

小さい魚を狙って正解でした。

兵庫埠頭にたくさん、人はいたのですが、

お互いに、あまり話さないので、

交流がなくて、

人づきあいが苦手な私には、やりやすい釣り場でした。

なんか、小さい魚は、もう飽きてしまったので、

この安い竿でいける範囲の大きな魚を釣ってみたいです。


子どもの頃しかしなかった釣りですが、

なかなか楽しかったです。

夜なんで、悪い奴がいるかも・・・と用心していったのですが、

釣り場では、平穏そのもので、

海は、いいですね。

心が落ち着きます。


採用面接を毎日繰り返してると、

だんだん心がすさんでくるので、

いい気分転換になりました。



帰りに、連れが、

「これくらいなら、大阪の港でも、いけるんじゃないの?」

と、言ってきたので、

今度は、大阪で攻めてみようと思います。



投げるのも、少しはうまくなりました。

でも、他の人の投げを見てると、

女性でも、かなり遠くまで飛ばす人もいて、

修行が必要なようです。



今回、分かったのは、生きてるエサの威力は、ハンパないってことです。

冷凍のエサなんか、使ってる隣の人は、5時間、1匹も釣れていませんでした。

まぁ、何の魚を目的に釣ってるのか

聞いてませんが、

生餌が一番、効果がありそうです。


効率よく、女性と遊びたい紳士は、

大阪高級デリヘル アルティマトゥーレまで

お電話ください。

TEL 06-6567-2500