店の女の子が
借りていた映画を
又貸しして貰って観ました!


映画エスター


サスペンスなんですが、
この作品は、ヤバいです!

女の子に、

どんな映画なん?

なんて聞いたら、

子供が実は、おばあちゃんやった話。終わり方があんまり良くない。

って
めちゃめちゃ乱暴な説明やったんです。

なんのことか
さっぱり分からないながら、
とりあえず、真夜中に観たんですが、

とりあえず、映画の後半に
僕が発した擬声音だけ、
ここから書きますね。


ひゃ!

あ~!

あかん、あかん!

ぃや!

あ~!

だから、あかんって!

うわ~


こんな感じです。

結論から先に言うと、

うちの店の女の子が
ちゃんと映画観てなくて、

おばあちゃんではなく、
33歳の女性やったんです。

僕が映画から受け取ったメッセージは、

養子をもらう時は、気をつけよう!

でした。

なんか最近、毎日面白くないなぁ…
って人にオススメの映画です。
オススメ星★★★★★


この映画を借りたのは、
もちろん、TSUTAYAです(^O^)


次に、観た映画は、
同じサスペンスのコーナーに
あったアカデミー作品賞を受賞した

映画ノーカントリー

です。

これは、コーエン兄弟が作った作品らしくて、同じくコーエン兄弟の映画ファーゴが面白かったので、

もしかして、これも面白いんちゃうん?

って期待して借りたんですが、
先にオススメ度を言うと

オススメ星★★★☆☆

で、普通よりちょい増しです。
誰が観ても間違いなく、
次のシーンで、ダレます。


保安官が猫いっぱいと暮らす叔父さんに会いに行くシーン

コーエン兄弟がたぶんこの脚本書いてる時、このシーンの前でダレて
珈琲タイム入りました!

たぶんですが…

私は、このシーンで、
ちょっと寝ようかな…
って思って飽いたので、間違いないかな

なんかちゃんと終わらないので、しっくり来ない映画です。

性的に例えると、

半立ちのまま、イクためのタイミングが分からない作品ですね♪


皆さんは、いかが
お感じになるでしょうか?