2008年01月20日20:49 の日記から

先週金曜日、緊急の仕事で某団地の101号室へ。

風呂詰まり解消して、終了の認めの印鑑を貰っていると、ご主人が、部屋に飾ってあるモノクロの写真額を指差し、
「これ、誰か分かる?」
油「佐藤栄作元首相じゃないですか?」
主人「分かるんやな」
油「まだ若い時ですね」
主人「いや、首相辞めた後や」
油「このお隣に写られてる方、どなたですか?」
主人「うちの親父や」
油「すごいじゃないですか!なんで、2人で?」
主人「うちの親父、東京の食品協会の会長しててん。それでな」
油「ご主人、東京のご出身なんですね」
主人「そうや、これ、見たら分かるやろ!」
と言うと、部屋に置いてある楯を指差した。
そこには、早稲田大学大隈講堂125周年記念と書かれてあった。
油「早稲田大学ご出身なんですか?」
主人「そうや。こんな団地に住んでたら、そう見えへんやろ?ちょっと極道してもうたからな」

極道?

まぁ、流しとこ。

油「大隈講堂いうたら、早稲田大学の創立者、大隈重信を記念して造られた建物ですね」
主人「そうや。今度建て替えるねんけどな、その費用200億かかるねん。早稲田の伝統で、後輩の為に先輩がお金出さなあかんから、卒業生から金集めてなぁ、そしたら、いくら集まったと思う?280億やで!!!!大学一銭も金出してないねん。余った80億どないすんねんなぁ。なんか苦学生のために使うって言うてるけど…」

早稲田大学かぁ…

僕の友達に、早稲田大学政経学部中退した奴がいる。家庭の事情があって中退したらしいが、俺はそのいきさつを聞いた時、早稲田大学の冷淡さを感じた。家庭の事情とはいえ、学費が工面出来たなら、本人も中退なんかしたくなかっただろうに…。あんな優秀な奴引き留めたら大学にとってもメリットはあるだろうに。早稲田大学ともなれば、優秀な奴なんか腐る程いるから1人や2人いらんってか?

後輩のために、先輩が金を出す

そんな思いやりの伝統があるなら、あと残り2年間の彼を卒業させてやって欲しかった

建物造る前に人を大事にしろよ!

って言いたかったのだが、そんな事言えずにいると、主人は次の話へ。

「大隈講堂は、125尺(約37m)ある。大隈さんは、125歳まで生きると豪語したことから、建物の高さを125尺にした。実際には、大隈さんは80いくつで亡くなったんやけどな。」
油「へぇー」
素直に感心。
主人「大阪に、早稲田倶楽部があって、よう行くねん。早稲田倶楽部は、卒業生が集まる場所な。まぁ、定年後の老人ばっかりやけどな」
油「はぁ…」
さて、この部屋からの脱出のキッカケをどぅすべきか…
主人「わしの弟は、日弁連の副会長やねん。日弁連って分かるか?」
油「えっ!副会長でっか!日弁連言うたら、日本弁護士連合会ですやん」
主人「嘘やおもてるやろ?嘘ちゃうで!NK(イニシャルにします)って調べてみぃ!弟は優秀やねん。わしは、極道やったから、今はこんな団地で生活や」

もぅ我慢出来ない。

油「極道って、ヤクザやったんですか?」

聞いちゃった

主人「ん!まぁ、ええがな、それは」

にごされた。
この人、早稲田大学商学部を出て、どのような人生を送ったんだろうか…